第45回 日本関節病学会

会期
2017年11月16日(木)・17日(金)
会場
東京ドームホテル
会長
高井 信朗(日本医科大学大学院医学研究科 外科系整形外科学分野)
テーマ
カレントコンセプト2017

ハンズオンセミナー

ハンズオンセミナーの参加申し込みを受け付けます。
奮ってご参加下さいますようお願い申し上げます。

申し込み方法

セミナーへの参加は事前予約制となっております。
各セミナーの「参加申込み」をクリックし、必要事項をご入力の上お申し込みください。
ご登録後に、お申し込みされたことをお知らせする確認メールがお手元に届きます。

※先着順で定員に達し次第、受付を終了致します。予めご了承ください。

ハンズオンセミナー1 : 11月16日(木)10:00~12:00

講  師宮城 仁(済生会習志野病院)
タイトル TKAのはじめの一歩 ~CR-TKAの基本手技~
協  賛日本ストライカー株式会社

参加申込み

ハンズオンセミナー2 : 11月16日(木)13:30~15:30

講  師竹内 良平(横須賀市立市民病院関節外科センター)
タイトルHybrid Closed Wedge HTO
協  賛オリンパステルモバイオマテリアル株式会社

参加申込み

ハンズオンセミナー3 : 11月17日(金)10:00-~12:00

座  長眞島 任史(日本医科大学整形外科・リウマチ外科)
講  師龍 啓之助(日本大学病院整形外科)
タイトルメジャード・リセクションとギャップ・バランシングのハイブリッド・テクニックを用いたJOURNEY™ II TKA
協  賛スミス&ネフュー株式会社

参加申込み

第5回 Arthroplasty Society in Asia (ASIA) について

写真

Arthroplasty Society in Asia (ASIA) はアジアにおける関節再建外科医の連携を高めることを目的として2013年に設立されました。この分野における臨床的な研究はもちろん、基礎研究や教育に関しても、アジア圏内での交流を促進し、最新の知見や技術を報告し意見を交換しあうことを究極のゴールと定めています。
第1回のミーティングは2013年に北京で開催され、その後、ソウル、アグラ(インド)、広州と年1回の開催を重ねてきました。このたび、第5回ASIAミーティングを、日本医科大学の高井教授が開催されます第45回日本関節病学会および第8回Asia Pacific Organization of Knee Arthroplasty (APOKA)と共同で開催させていただきますことを大変光栄に思っております。

ASIA会場では、原則的に英語での発表や意見交換を行っていただきます。
下のバナーからASIAのホームページをご覧いただき、日本の先生方からの演題申し込みをいただきますよう、心よりお待ちしております。

(日本の先生方の参加に関しましては、第45回日本関節病学会への参加登録が第5回ASIAへの参加登録を兼ねることになりますので、ASIAへの事前の申し込みは不要です。)

第5回 Arthroplasty Society in Asia (ASIA)

会長
飯田寛和
関西医科大学総合医療センター
事務局
大谷卓也
慈恵医大第三病院 メールアドレス: asia2017@jikei.ac.jp

ASIA 2017